出演団体

  1. ホーム
  2. 出演団体
  3. 朝倉梯子獅子青年会
画像:朝倉梯子獅子青年会

地域伝統芸能奨励賞

団体名
朝倉梯子獅子青年会あさくらはしごじしせいねんかい
  • 愛知県知多市
芸能名
朝倉の梯子獅子

朝倉の梯子獅子は、慶長3年(1598)、朝倉村で農作物を荒らす、イノシシを農民が梯子攻めにして退治し、翌年は大豊作になったことから、イノシシを供養するため、梯子に登る獅子舞を演じたのがきっかけで、約420年間伝承されている民俗芸能です。
朝倉梯子獅子青年会は、知多半島朝倉地区の氏神である牟山神社の大祭において、梯子獅子の舞を欠かすことなく奉納するため、演技技術の伝承・保存及び継承者の育成取り組んでいる高校生から24歳までの若手の集まりです。梯子獅子の演技習得に当たっては危険とも隣りあわせのため、厳しい練習を行い、地域の伝統文化の継承に取り組んでいます。また大祭以外に、知多の産業まつりや愛知万博のほか、NHKホールでの地域伝統まつり、さらに平成25年の伊勢神宮式年遷宮でも獅子舞の奉納を行うなど、朝倉のPRと地域の振興に大きく貢献しています。