出演団体

  1. ホーム
  2. 出演団体
  3. 阿月郷土芸能保存会
画像:阿月郷土芸能保存会
団体名
阿月郷土芸能保存会あつききょうどげいのうほぞんかい
  • 柳井市
芸能名
阿月神明踊り

柳井市阿月で伝承される火祭りの行事、国指定重要無形民俗文化財「阿月の神明祭」では、東西に一本づつ御幣や橙などで飾られた神明と呼ばれる柱を立て、その前で「神明太鼓」、女性による笠踊りや男性が新選組や赤穂浪士に扮して踊る「神明踊り」、長持ちを担いで練り歩く「長持ちじょうげ」などが行われます。阿月郷土芸能保存会は、これらの郷土に伝わる伝統芸能を保存し、次世代に継承していく目的で設立されました。阿月神明祭や阿月地区総盆踊り大会にむけて、子どもから大人まで一緒になって踊りの練習を行うとともに、行事の運営等でも重要な役割を担っています。また、阿月神明祭や阿月地区総盆踊り大会などで謡われる、地域独自の「音頭」の教室や、地区の小学生を集めて行われる阿月子ども神明太鼓教室などを定期的に開催し、練習を積み重ねています。