出演団体

  1. ホーム
  2. 出演団体
  3. 岩戸神楽舞保存顕彰会
画像:岩戸神楽舞保存顕彰会
団体名
岩戸神楽舞保存顕彰会いわとかぐらまいほぞんけんしょうかい
  • 宇部市
芸能名
岩戸神楽舞

12月5日の天神祭前夜に、二道祖地区公会堂の遥拝所神前で奉納される神楽舞いです。御伊勢山に祀られている皇太神宮を尊び敬う気持ちから、この神楽を奉納行事として始めたと言われています。約270年前より集落行事として毎年奉納されてきましたが、高齢化に伴い平成20年の奉納を最後に途絶えてしまいます。しかし、平成30年8月に岩戸神楽舞復興委員会を設立し、3年計画で復活を目指し、地域内外の作家や高校生等から多くのご縁を頂きながら、令和元年12月の仮披露を経て、令和2年12月に完全復活を果たしました。昨年はコロナ禍により定員を80名とし、同時にライブ配信をするなど、地域内外への情報発信も積極的に行っています。今後も、宇部市北部地域の特色を生かし、他地域とのコラボを企画するなど、幅広い世代に知っていただけるよう活動を頑張ってまいります。