出演団体

  1. ホーム
  2. 出演団体
  3. 川畑さおり
画像:川畑 さおり
団体名
川畑 さおりかわばた さおり
  • 鹿児島県喜界町
芸能名
奄美の島唄

島唄のシマとは、自分の集落のことを意味しています。奄美の人々のアイデンティティは集落にあり、そこに根付く方言や唄も異なり多様性に富んでいます。島唄は約700年前にはすでに唄われており、歌詞も数千首と多く、哀調を帯びた三線の旋律と裏声が調和し、聴く者の心の奥深くに響き渡ります。川畑さおりさんは鹿児島県喜界島生まれ。9歳より奄美の島唄と三線を習い、中学生のころから数々の賞を受賞。その活動が高く評価され、平成25年度に「地域伝統芸能大賞奨励賞」を受賞しています。若手第一人者として国内のみならず、海外でも島唄の普及に努め、CD発売をはじめCMソングやテーマソングなどにも参加し、喜界島のPR活動にも積極的に取り組んでいるほか、地元の小中学校の授業や講座等で講師を務め島唄を教えるなど、奄美島唄の後継者育成や伝承活動に努めています。