出演団体

  1. ホーム
  2. 出演団体
  3. 徳地人形浄瑠璃保存会
画像:徳地人形浄瑠璃保存会
団体名
徳地人形浄瑠璃保存会とくぢにんぎょうじょうるりほぞんかい
  • 山口市
芸能名
徳地人形浄瑠璃

徳地人形浄瑠璃は、佐波川流域の旧出雲村や八坂村で行われている人形浄瑠璃で、明治10年ごろから村内で浄瑠璃が流行していたと言われています。明治35年ごろに、大阪の文楽座の関係者らがこの地を訪れ浄瑠璃を伝授したことから、さらに人形浄瑠璃が盛んになりました。人形の操作には、徳地の人々の発明による竹串が使われ、一人で数体の人形を動かすことができるようになっており、浄瑠璃が語れる三味線弾きと2人だけでも上演できるのが大きな特徴です。船路八幡宮秋季大祭での上演のほか、地域の伝統芸能祭りやイベント等での上演など、主に県内での上演活動を行っています。地元小学校の総合学習への講師派遣や、中学校の人形浄瑠璃部の指導、文化祭での上演のほか、オリジナルシナリオを加えた演目の復活など、新しい取り組みにも挑戦しています。