出演団体

  1. ホーム
  2. 出演団体
  3. 山口鷺流狂言保存会
画像:山口鷺流狂言保存会
団体名
山口鷺流狂言保存会やまぐちさぎりゅうきょうげんほぞんかい
  • 山口市
芸能名
山口鷺流狂言

鷺流狂言は江戸時代を通じて幕府御抱えの流派で、大蔵流・和泉流とともに狂言の三流儀でしたが、明治に入り衰退し、宗家、分家ともに絶え流儀としては滅亡に至りました。現在、地方で伝承されてきたものが、山口、佐賀、佐渡の3か所にのみ伝わります。山口鷺流狂言は、山口にある野田神社の上棟式の神事能に招かれた、元萩藩お抱え狂言方である春日庄作により山口の町衆に伝えられたものです。戦後、狂言が衰微していく事を心配した有志により、昭和29年に山口鷺流狂言保存会が結成され、春日庄作の直弟子らを中心に伝習者の養成に努めてきました。現在、山口鷺流狂言保存会では、週1回の伝習会のほか、年1回の定期公演、市内小中学校での公演・演技指導、こども狂言教室の開催や県内各地のイベント等への出演など、1年を通して積極的に保存・継承活動を行っています。